2月25日(日)麻布区民センターにて英語で体験!和菓子ワークショップを開催しました。当日は4歳から7歳までの親子が参加。講師は和菓子教室「和菓子 万くみ」で伝統和菓子からアレンジ和菓子まで幅広い和菓子を作る鈴木万久美さん。

 

まずは和菓子の歴史やひなまつりや子どもの日の由来について英語と日本語でお話を聞きます。まくみ先生お手製のパネルを前に子どもたちに興味津々!

その後は実際に先生の周りに集まり、和菓子の作り方を教えてもらいます。

作るのは、「ひなまつり(こなし製)」と「梅(練切製)」。

みんな真剣に先生の手元をみつめます。

作り方を教わったあとは実際に作ってみる時間です。お父さんやお母さんの力を借りながら真剣に取り組む子どもたち。

となりの席のお友達とも交流を図りながら、一生懸命に取り組みます。

途中からは「おいしそう!」「食べたい!」などの声があちこちから聞こえてきます。

そして完成したのがこちら!

子どもたちが作ったとは思えないほどの出来栄えに先生もびっくり。

同じ材料を使っても、それぞれに個性が溢れて、どれもこれも素敵なお菓子になりました。

最後は和紙でラッピングして完成です!

ひとつのことをみんなで取り組むのは楽しいですね。

英語で日本の和菓子作りを体験した子どもたち。

日本の伝統を英語で学ぶことができるのも、NPO法人ザ・グローバル・ファミリーズならではの取り組み。

これからも多くの子どもたちに国際交流の機会を設けていきます!!

まくみ先生、ありがとうございました~

Advertisements